ブログ

2022年5月の記事一覧

ちょっといい話

 登校時は激しい雨でした。いつもなら、学校に着くとそれぞれの学年の下足置き場に向かう子供たちですが、今日はちょっと違います。いつもどおりに玄関に入っていく子供たちもいるのですが、何人かは雨のかからない軒下まで来ると向きを変え、だまって斜め下の方を見ています。「何をしているのかな」と、よく見てみると、玄関前に静かに立っているのは、登校班に1年生がいる高学年の子供たちでした。
 以前、雨が激しく降った日は、1年生にとって傘をまとめることが難しかったようで、高学年がまとめていました。でも、今日は、教えたり、励ましたりしながら1年生ができるまで待ち、できたことを一緒に喜んでいます。何人かの6年生に聞くと、「私がしてあげたら、いつもでもできないままでしょ」とか「1年生が早く自分でできるようになったらいいと思って」と答えていました。
 高学年のさりげない気配りが届いたのか、子供たちが校舎に入ったときには、雨がすっかり青空になりました。

クラブ活動スタート

 今年度のクラブ活動がスタートしました。25日、第1回目の活動を行いました。新しくできたパソコンクラブでは、ビジュアルプログラミング言語でアニメーションをつくりました。簡単に動く作品をつくることができ、全員満足していました。

社会科「町探検」(3年生)

 5月23日、3年生は社会科の学習で町探検に行きました。田や家の多い場所や、交通量が多い道、地域にある公共施設等を調べながら、地図記号を使って白地図に書き表しました。「学校の北側に家が多いのは、どうしてだろう」「信号のある道は、車が多いね」など、様々な気付きがありました。
  

租税教室(6年生)

 今日(25日)、魚津法人会から講師の方に来ていただき、「租税教室」を行いました。
 自分たちの暮らしの中にどのように税金が活かされているのか具体的に教えていただき、社会科で学習した税金についての理解がより一層深まりました。また、年間小学生一人当たり約120万円の税金が使われていることを知り、驚いていたようです。税金のおかげで、豊かな生活を送ることができることのありがたみを感じていました。

 

 

 



国語「聞き取りメモのくふう」(4年生)

   国語科で「聞き取りメモのくふう」の学習をしました。目的に合った聞き取りメモを取るための工夫についてまとめた後、実際に5年生に委員会について話を聞き、メモを取りました。「短く書き取ることが難しかった」「聞いていたときは書ききれなかったけれど、すぐに見直しをすることができた」等、自分のメモの取り方を振り返り、次の学習へ生かそうと意欲を高めました。